You are here

いざという時にお金借りる方法

急な出費時、借りれるか不安! ピンチの時に頼れるローン・キャッシングとは?

現金が急に必要となった時、キャッシングはあたなの強い味方となります。速やかに消費者金融やクレジットカードを利用して現金を借りることができます。

契約前には審査があり、審査を通過しなければキャッシングすることはできません。金融会社によって審査基準が異なるため、A社では借入できなかった人でもB社の審査に通過したということもあります。

提携広告

 

また、借りる事ができる金額の上限は契約内容によって決められます。借りた金額と金利(約15.0~18.0%)は、決められた翌月の返済日までに返済するのが一般的です。

これまで、消費者金融はあまりイメージの良い印象ではありませんでしたが、最近では「30日間無利息融資(広告リンク有)」のキャンペーンを行ったり、CMに有名人を起用するなどして、昔ほど近づきにくい存在ではなくなりました。即日融資に対応しているサービスも多いので、急に現金が必要になった人には、大変有り難い存在かもしれません。

海外旅行の際には、クレジットカードのキャッシング機能(広告リンク有)を活用することができます。両替をしなくても、ATMさえあれば、現地の通貨を好きな金額引き出すことが可能です。両替にかかる手数料を考えれば、キャッシングの金利の方が安くなることもあります。

提携広告

 

カードローンもピンチの時にお金を借りる手段の一つでしょう。

カードローンとは、個人向けの無担保ローンのことで、限度額の範囲内なら何度でもお金を借りることができたり、ATMを利用して簡単に返済することができす。銀行や消費者金融が提供していますが、銀行のカードローン(広告リンク有)の方が金利が低いことが特徴です。キャッシングよりも高額の融資が必要な際に利用されると良いでしょう。

カードローンとキャッシング両者とも現金をすぐに引き出せる点ではよく似たサービスですが、返済方法が少々異なります。キャッシングは決められた翌月の返済日までに一括返済するのが一般的であるのに対して、カードローンは分割払いが一般的であるため、ある程度高額で毎月の返済が多く支払えないようなケースに向いています。その代わり、返済期間が長くなるケースが多く、期間が長くなればなるほど利息分が増えてしまいます。

カードローンはフリーローン(広告リンク有)のひとつです。資金使途が限定されません。一旦審査に通れば、ATMから簡単にお金を借りることができてしまうので、使い過ぎに注意しましょう。

 

 

 

当サイトは、各社様の告知を広告として掲載しています。各サービスのご利用にあたっては、ユーザー様ご自身の判断により行って頂きますようお願い致します。
当サイトの掲載内容には万全を期していますが、ユーザー様が弊社のページをご利用した事により発生する、直接的および間接的損害に関しては一切の責任を負いかねます。